スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕分け 独法の無駄追及 聖域「科学」の見直し焦点(産経新聞)

 今回の事業仕分けで焦点のひとつは、国からの財政支出が年間1兆円を超える科学技術分野の独法の見直しだ。この分野は、前回の仕分けで概算要求から大幅カットとなった判定にノーベル賞の受賞者らが反発し、政府が予算では削減幅を抑えた。枝野幸男行政刷新担当相は、研究分野が重複する独法を統合し「国立研究開発法人」(仮称)を新設、大幅な再編も示唆するなど切り込む姿勢を示している。今回も「聖域」ともされる科学分野をめぐり研究者らを巻き込んだ攻防が展開されそうだ。

 現在104ある独法への国からの財政支出は、今年度予算で約3兆2千億円。このうち科学技術関連予算は3割を占める。政府の行政刷新会議は、今回の仕分けで、研究開発を主業務とする38法人のうち、13法人を対象に選定した。

 ノーベル化学賞受賞者の野依良治氏が理事長を務める「理化学研究所」(理研)は、前回の仕分けでも対象となった。

 前回は理研の次世代スーパーコンピューターの開発をめぐり、「事実上の凍結」との判定結果が下されたが、野依氏ら研究者や産業界が激しく反発、今年度予算の概算要求から40億円減の227億円で決着した。理研が所有する大型放射光施設「スプリング8」(兵庫県佐用町)も「半分から3分の1程度の削減」と厳しい結果だったが、結局、概算要求108億円に対し9億円減の99億円にとどまった。

 ただ、理研をめぐっては、関連する公益法人や旧科学技術庁(現文部科学省)出身の官僚OBが社長を務める天下り企業に委託業務を“丸投げ”したり、入札参加企業が1社だけの「1社応札」で業務を発注していた実態が明らかになっている。理研本体も事業や財務内容の不透明さが指摘されており、今回、業務見直しなどを求められる可能性は高い。

 今年度予算の概算要求を査定した前回は、要求額から6770億円を圧縮し、大半が仕分け結果通りとなるなか、科学技術分野は研究者側の巻き返しで、“例外的”に守られたが、今回はどうか。仕分け人と科学者の攻防に注目が集まりそうだ。

<日本医師会>会長選を直接選挙に…原中会長(毎日新聞)
大阪のうまいもん弁当 コンビニで販売 (産経新聞)
高速新料金6月から「心配いらない」と首相(読売新聞)
携帯電話で市民税納付可能に 調布市(産経新聞)
首相動静(4月18日)(時事通信)

東京でアパート火災、1人死亡1人重体(読売新聞)

 18日午前2時50分頃、東京都足立区西保木間1のアパート「丸金荘3号棟」の1階から出火、木造2階建て延べ約140平方メートルのうち、約90平方メートルを焼いた。

 この火事で2階にいた50歳代とみられる女性が全身やけどで死亡。ほかに70歳代とみられる女性が病院に搬送されたが重体という。

 警視庁竹の塚署や東京消防庁によると、アパートには4世帯7人が住んでいたという。同署は女性の身元の確認を急ぐとともに、詳しい出火原因を調べている。

村木被告「わなにはめられた」 実質審理終了、9月にも判決 郵便不正公判(産経新聞)
インクレチンとSU薬の適正使用で勧告―日糖協(医療介護CBニュース)
雑記帳 猿撃退に虎のぬいぐるみ 愛知・岡崎(毎日新聞)
首相「約束を守るべく努力」 普天間問題で小川氏と意見交換し(産経新聞)
税理士ら4人に課徴金=TOB情報でインサイダー-金融庁(時事通信)

気象庁係長をすりで逮捕 出勤途中の地下鉄内で(産経新聞)

 地下鉄内で女性のバッグから財布を盗もうとしたとして、警視庁捜査3課は9日、窃盗未遂の現行犯で、気象庁観測課係長、金子哲治容疑者(43)を逮捕した。同課によると「これまでに何回かすりをやった。遊ぶ金に使った」と供述している。

 同課の調べでは、金子容疑者は9日午前8時5分ごろ、東京メトロ千代田線上り電車内で、女性会社員(38)のバッグから財布を盗もうとしたところを、警戒していた捜査員が確認、金子容疑者を取り押さえた。金子容疑者は通勤途中だったという。

【関連記事】
「警視庁の刑事はすごい…」 “幹線の水さん”すりで御用
首相、生方氏留任は「幹事長が判断した。良かった」
橋下知事の生激論見られるのに…議会傍聴なぜか空席
日本人ファン27人けが ヨン様撮影を韓国で見学中
「とっさに体動いた」女性救出のお手柄男性に感謝状
「中国内陸部の資源事情とは…?」

生活保護受給者、自殺率2倍=精神疾患が影響か-厚労省調査(時事通信)
高校生の就職内定率 宮城は低迷、60%台 1月末現在(河北新報)
<浅口市長選>元県議の栗山氏が初当選 岡山(毎日新聞)
首相動静(4月9日)(時事通信)
5年前に泊まった者です…ペンションに乳児と手紙(読売新聞)

亀井静香氏、相次ぐ新党「不安定な政治の象徴だ」(産経新聞)

 国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は9日午前の記者会見で、平沼赳夫元経済産業相らの新党に続き、山田宏東京都杉並区長らも新党結成を表明するなどの動きが相次いでいることについて、「(民主党を含めた)政治状況全体が非常に不安定になってきている象徴だ。夏の参院選の見通しもまた不安定で、確たる展望が描けない状況が新党を生んでいるのだろう」との見方を示した。

【関連記事】
小泉Jr口撃力に舌巻く亀井氏「人の心理くすぐるのは父親譲りでうまい」
亀井氏 平沼・与謝野新党に「政策逆の2人が組んでキョトン」
なぜか不評「亀井法」中小企業82.3%申請せず
亀井静香氏、平沼新党を「政治ごっこ」
“集票マシン”だ!亀井氏、2000万円で100万票ゲット
「中国内陸部の資源事情とは…?」

利根川決壊で死者最大6300人=首都圏大規模水害で報告書-中央防災会議(時事通信)
宇宙へ夢広げたシャトル=山崎飛行士が日本人最後-国際協力で後継機を・毛利さん(時事通信)
<地震>北海道・釧路などで震度4=午前3時41分(毎日新聞)
首相動静(4月3日)(時事通信)
3日で2度、窓にひび=国交省所有のボンバル機-ヒーター故障で過電流? (時事通信)

火災 2歳女児が死亡、父と4歳兄は心肺停止…川崎(毎日新聞)

 6日午前8時半ごろ、川崎市川崎区貝塚2の「さつきマンション」3階の302号室の上村(かみむら)隆透さん(22)方から出火、事務所兼住宅の同室約110平方メートルを全焼した。川崎市消防局によると、上村さんと、次男雄哉君(4)、長女悠華(はるか)ちゃん(2)の3人が心肺停止状態。神奈川県警川崎署によると、悠華ちゃんの死亡が確認された。マンションは鉄骨3階建て。上村さんは6人家族で、妻(22)と長男(6)らは外出していて無事だった。【川端智子】

【関連ニュース】
火災:深夜、住宅密集地から出火、5棟焼く 名古屋・南区
車両火災:ワゴン車全焼、3歳と1歳姉妹無事 宮城・柴田
北海道4児死亡:車内からライター部品 死因は焼死
火災:交番に落とし物届ける間に、ラーメン店全焼 和歌山
北海道厚沢部の車両火災:子供乗る後部シート付近で出火か

新党結成の動きを歓迎=渡辺喜氏(時事通信)
<盗難>「船に乗れ!」作者のチェロ 都内の書店で(毎日新聞)
広報室内に「コミュニケーション支援室」、7月に設置へ-厚労省(医療介護CBニュース)
由美かおるさん「黄門」降板(時事通信)
「なぜ役人がランク付け」=会見オープン化調査に不快感-岡田外相(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。